信頼と実績がある業者にハクビシン駆除を依頼しよう|害獣ハンター

駆除を依頼する

ハクビシン

ハクビシンはネコ目ジャコウネコ科の野生動物です。本物のネコのようなしなやかな動きをすることが可能で、身体の色は灰色や黄褐色です。中には全身真っ黒というハクビシンもいます。そしてネコ目ジャコウネコ科ではありますが、タヌキにも似ています。また、ハクビシンの大きさといえば体長50~70センチメートルほどになります。稀に全長1メートルのものも発見されているようです。子供のころはそれほど大きくはないのですが、成獣になると大きくなっていきます。さらにハクビシンは漢字で「白鼻芯」と書いて、名前の通りに額から鼻にかけて白い線が入っている模様が特徴的です。またハクビシンの生息地域は日本全国です。もともとは里山によく見られる生物ですが、最近では山の開拓工事などが重なってきているために首都圏の住宅街などに見られるようになってきました。そしてハクビシンの足の指の本数は前後共に5本になっています。そのため、足の指の本数が4本のタヌキとすぐに見分けがつきます。そんなハクビシンは住宅などに被害をもたらします。そこでハクビシンが現れたらハクビシン駆除をメインに行なっている専門業者に依頼をしましょう。ハクビシン駆除を行なっている業者を選ぶときは明瞭会計で依頼ができるところが望ましいです。またハクビシン駆除は素人ではできないものです。そのため、ハクビシン駆除は経験豊富な専門業者に作業を依頼するのが安全で効率が良いといえます。