信頼と実績がある業者にハクビシン駆除を依頼しよう|害獣ハンター

害獣のもたらす健康被害

駆除

ハクビシンは住宅の屋根裏や床下、物置などに多大なる被害をもたらします。しかし、ハクビシンの被害は住宅だけに留まらずに、人間の身体にも影響があります。ハクビシンは野生動物のために、ほとんどの個体にノミやダニが生息しています。そのため屋根裏や床下に侵入してしまうと、ノミやダニの繁殖を促してしまい、結果的に人間の身体に健康被害をもたらしてしまいます。また、ノミやダニは吸血性のために人間の血液を求めています。そこで、1回住宅に侵入をしたらすぐに室内に広がって繁殖してしまうのです。そしてノミやダニに刺されると蚊に刺されてしまったような跡ができます。この跡はすぐに消えることがなく1週間ほど痒みや痛みを感じてしまいます。またノミやダニは柔らかい肌を好んでいます。そのため、女性や子供、二の腕や腹部といった箇所を刺します。さらにノミやダニはアレルゲンの一種になってしまいます。ノミやダニの死骸、糞といったものが様々なアレルギーを悪化させてしまう原因になります。アトピー性皮膚炎や喘息といった症状をもっている人は注意が必要です。ハクビシンはノミやダニだけに限らすに様々な病原菌を身体に所有しているのです。こういった被害をできるだけさけるためにも、ハクビシン駆除をしている業者に相談をして対策をしてもらうことが大切です。ハクビシン駆除を行なっている業者は、人間に与える被害を極力少なくすることが可能です。ハクビシン駆除を行うために薬剤をまいて住宅に近づかないようにします。また既に健康被害が出ているなら早急にハクビシン駆除業者に相談をしましょう。