信頼と実績がある業者にハクビシン駆除を依頼しよう|害獣ハンター

ハクビシンの被害

一軒家

ハクビシンは木登りが得意です。そのため、住宅の屋根裏に簡単に侵入してします。そしてハクビシンは猫のような体つきをしています。頭が入るようなところであれば屋根裏や床下などの狭いところでも穴があったらすぐに侵入して住宅に様々な被害をもたらすのです。中でも多く見られる被害としては、屋根裏などに貼り付けてある断熱材を食い破ってしまうというものです。断熱材の中には、フカフカなクッションのような素材が敷き詰められているので、ハクビシンのベッドとしては格好です。そこに住みつき住宅に被害をもたらす拠点となるのです。またハクビシンは断熱材をベッドにするだけでなく、屋根裏などをトイレにしてしまいます。そのため屋根裏からは糞尿だらけになってしまい、悪臭を家の室内や周りに撒き散らしてしまいます。ひどい場合は、糞尿で弱くなってしまって天井や床が抜け落ちてしまうケースもあるのです。そこでそういった被害が見られたら早急にハクビシン駆除をする必要があります。ハクビシン駆除をするには、専門業者に依頼をしましょう。ハクビシン駆除を専門にしている業者なら、屋根裏に侵入して断熱材をベッドにしたり、トイレで荒らしていたりするハクビシンを効率良く駆除することができます。また、ハクビシン駆除を依頼する業者を選ぶ時には、24時間対応しているところに連絡をすると良いでしょう。24時間営業しているのならば、夜間にハクビシンを発見した時にすぐに連絡をすることが可能です。